3分でわかる!今話題の教育キーワード特集

このページでは、コアネット教育総合研究所の研究員が、今話題の教育キーワードについて解説やポイントをまとめています

 

個別最適化学習
「個別最適化学習」は、文部科学省が目指すべき次世代の学校・教育現場として掲げた教育のスタイルです。文部科学省は、「多様な子供たちを誰一人取り残すことのない公正に個別最適化された学び」という言い方をします・・・(続きはこちら)


ブレンデッド・ラーニング
文部科学省は「GIGAスクール構想」の前倒しを行い、2021年度から公立小・中学校で生徒が1人1台のタブレット端末を持ち、ICTを活用した教育活動がスタートします。「ブレンデッド・ラーニング」という概念を理解することで、ICTを生徒の学びにうまく活用するヒントが得られると考えます・・・(続きはこちら)


非認知能力
ややわかりにくい言葉ですが、近年、学校教育に関する著書や研究論文などで、目にする機会が増えました。私立学校の教育内容紹介の中でも、「つけたい力」の説明文の中で目にすることがあります・・・(続きはこちら)


IR(Institutional Research)
教育におけるIRの定義を端的に言えば、教育機関において、経営戦略・財務計画等の立案に必要なデータおよび情報を収集し、分析を行うことで、より効果的な経営を支援する活動、ということになります・・・(続きはこちら)