アプリ・電子黒板等

ICTの活用を支えるアプリや電子黒板などの機器。 授業をはじめ学校で役に立つサービス・製品のご紹介をいたします。

6

やりたい授業を後押しするアプリ群

最新のアプリには先生方が「真にやりたい授業」を実現させる可能性が秘められています。
資料配布や板書にばかり時間がとられてしまう。なかなか全員の生徒に目が行き届かない。もっと興味・関心が湧くような授業をしたい。そうした声に応えるアプリが次々に開発されています。

多彩なラインナップ

学習アプリ

情報Iの教科書に対応した「情報Ⅰデジタルドリル」

「情報Ⅰデジタルドリル」を使えば情報Iを楽しく学ぶことができます。

  • 情報Ⅰの全範囲を網羅!
  • 映像×デジタルドリルでプログラミングを楽しく学習!
  • Python やJavaScriptによるプログラミング実践も学べる!

情報Iの教科書に準拠し、重要単語の解説動画やデジタルドリルなどを通して、情報Ⅰに関する内容を網羅的に学習することができます。Python やJavaScriptなどのプログラミング言語の実践練習も可能です。
ブラウザ完結のクラウドモデルのため、お持ちの端末から簡単にはじめられます。 
その他の機能や活用事例については「情報Iデジタルドリル」公式サイトをご覧ください。
詳しい費用やお試し用の無料デモアカウントの発行などは、コアネットにお問合せください。

【小学校・中学校・高等学校向けIT&クリエイティブ授業】Tech Learner公式サイト

 
 

Microsoft 365 Education (Office 365)

Microsoft 365 EducationはWordやExcelをはじめとしたOfficeアプリの他、TeamsやOneDriveなどのクラウドサービスなどを包括したサービスです。

  1. WordやExcel、PowerPointなどのおなじみのOfficeアプリを常に最新の状態で利用することができます。
  2. Teamsによって教務、校務問わず生徒と教員のコミュニケーションが簡単に行えます。
    ファイル共有や課題提出、オンライン会議(授業)など幅広い活用が行えます。
  3. 学生向けの特典(Student Use Benefit)によって、学生は無償で有償ライセンスと同等の機能を利用することができます。
Microsoft WordMicrosoft ExcelMicrosoft PowerPoint
OneNoteMicrosoft TeamsOneDrive

 

辞書アプリ

「SHARP・Brain+(ブレーンプラス)」

高校生を中心に根強い人気のある「ジーニアス英和辞典」など、人気の辞書が掲載された新しい学習辞典アプリ&Webサービスです。

  • 「ジーニアス英和辞典」や「山川出版社」の社会科用語集など人気の辞書・用語集を収録!
  • タブレット、パソコン、スマホなど、どの端末からもアクセス可能!
  • わからない単語を国語・英語などの複数の辞書で検索できる「横断検索機能」や、様々なテキストの単語を簡単に検索できる「英文読解アシスト機能」付き!

「SHARP・Brain+(ブレーンプラス)」はアプリ版・WEB版が準備されており、生徒が持参するタブレット端末やノートPC以外にもスマートフォンやご家庭のPCなど、どのデバイスからもすぐにアクセスことができる辞書サービスです。
インターネット上で様々な情報に触れることができる現代において、情報の取捨選択や情報の正確性・妥当性を検証する力(ファクトチェック)がますます重要になっています。ChatGPTなどの生成AIの開発により、もっともらしい情報の真偽を確認することの重要性は高まっています。
子どもたちが自分で考え、判断し、行動できるようになるための「良き相棒」として、本サービスをお勧めします。
詳しくはBrain+(ブレーンプラス)公式サイトをご覧ください。

Brain+(ブレーンプラス)公式サイト

 
 

学習アプリ

基礎学習定着アプリ「Qubena(キュビナ)」

AIが1人ひとりに最適な問題を出題! 教科における知識・技能を「効率的」に学習できます。

  • AIによって学習の理解と定着を効果的に促し、基礎学力の向上を短期間で強力にサポート!
  • 小1~中3の国算理社会英の5教科に対応!
  • ブラウザから利用できるので、どんな端末からも利用可能!

正答率や解答時間などの情報を記録可能。学習データの「見える化」で適切な学習指導や成績評価を行います。子ども達が自身の学習状況の振り返りを行い、強み・弱みを把握しながら学びを進めることによって、知識の確実な定着とともに、主体的な学びの姿勢を育みます。
また、出題・採点・データ記録をAIを活用したシステムが行うため、先生方の業務にもゆとりが生まれます。
その他の機能や活用事例についてはQubena公式サイトをご覧ください。

Qubena公式サイト

 

授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」

生徒が主体的になる双方向授業で、授業をより楽しくクリエイティブにできる協働学習用クラウドツールです。


  • 小学校低学年でも扱える直感的な操作が可能な設計
  • 協働学習、プレゼンテーション、資料の配布・共有、採点まで行うことができ、授業の効率アップ!
  • 録音機能を使えば英語のスピーキングテストが行える!

協働学習支援はもちろん、資料共有、教職員間の情報共有・会議等も行える非常に柔軟なツールです。
写真、動画、音声、PDFなどの編集が自由にでき、テキストや手描きを入れて、誰でも簡単に資料がつくれます。
シンキングツールやプレゼンツールを使えば、クラスメイトとアイデアを共有しながら学ぶことができるので、協働学習に最適です。
その他の機能や活用事例についてはロイロノート・スクール公式サイトをご覧ください。

ロイロノート・スクール公式サイト

教育ICT環境を支える無線LANネットワーク

教育ICT機器の導入を進めたいが、校内の無線LANネットワークが整っていない、という学校様も、ぜひコアネットにご相談ください。貴校の現状、ご予算を踏まえ、ご要望に応じた最適なプランをご提案します。Wifi環境整備に向けた無料診断も実施しております。

電子黒板でさらに広がる学びの世界

電子黒板によって、学びの可能性はさらに広がります。カラフルな資料を大画面で見せる、デジタル教科書や動画やWeb サイトを使った授業も簡単に実現。先生も生徒も板書の手間に気を取られることなく、「本当に伝えたいこと」を伝え、「本当にやりたいこと」ができる強力な味方になってくれるでしょう。

PAGE TOP

セミナー情報

教育DX先進校の事例から学ぶ!

企業取材レポート

生きる力を育む成長型支援サービス「Edv Future株式会社」

セミナー情報

学校のDX化を成功に導く3つのポイント

教育ICTキーワード

StuDX Style

ICT活用事例校レポート

同志社香里中学校・高等学校