教育ICTキーワード

MDM(Mobile Device Management)

 MDMとは「Mobile Device Management」の略語で、モバイル端末を一元的に監視・管理する手法やツールのことです。また、MAM(Mobile Application Management)というアプリケーションの管理機能も含まれているツールが多く、違法・有害なインターネットサイトへのアクセスを制限するWEBフィルタリング機能を有するMDMも増えてきています。

 代表的なMDMツールとしては、マイクロソフト社の「Intune」、主にGoogle Chromeを管理する「Google管理コンソール」、Apple社のiOSの管理に利用されることが多い「Jamf Pro」などが挙げられます。

 モバイル端末へのアプリのインストールの可否、利用可否などの管理を行うことで、授業や学校生活に関係のないゲームや、違法・有害なアプリに一定の制限をかけることができます。学校として使用を認めたアプリのみを利用させることは、ウイルス対策や生徒のセキュリティを守ることにも繋がります。
 また、OSを新しいバージョンにアップデートされないよう設定したり、逆にアップデートを自動的に実施する設定したりすることで管理しやすい環境を構築することができます。

 一方で、近年は保護者負担で端末を購入するパターンや、BYOD*形式で各家庭が自由に端末を持参する形での導入が増えたことで、MDMで端末管理を行うことが難しい事例が多くなってきています。また、端末管理を学校が行うことによって教職員の負担が増加し、授業・家庭学習におけるICT活用が進まない要因になってしまうこともあるようです。

 ご家庭や生徒自身で管理をするよう方針変更された学校も非常に増えており、インターネット上のトラブルに巻き込まれないようなリテラシー教育や情報教育の充実を端末管理と置き換えて実行されているようです。

 いずれにしても、学校として授業・学校生活においてICTをどのように活用していくかのビジョン構築、ICT支援員採用など教職員の負担を軽減する方策などを含めて、端末管理の方針を検討する必要があるでしょう。

 

*以下のページにてBYODについて解説しています

  

お問い合わせはこちら

PAGE TOP

セミナー情報

教育DX先進校の事例から学ぶ!

企業取材レポート

生きる力を育む成長型支援サービス「Edv Future株式会社」

セミナー情報

学校のDX化を成功に導く3つのポイント

教育ICTキーワード

StuDX Style

ICT活用事例校レポート

同志社香里中学校・高等学校