教育ICTキーワード

MEXCBTとは

MEXCBT(メクビット)は、文部科学省をしめすMEXTとCBTを組み合わせた文部科学省開発の「学びの保障オンライン学習システム」です。CBTについては前回のキーワードで紹介しているのでそちらも併せてご確認ください。

 
 

 MEXCBTの基本的な考えは、コロナ禍などの緊急時における子供たちの学びを保障するため、国や地方自治体等の公的機関等が作成したテスト問題をデジタル化し、児童生徒が学校や家庭において学習の際にそのテスト問題を活用することができるというものです。GIGAスクール構想によって実現する1人1台端末の活用のための基盤的な仕組みとなります。

 具体的な活用の流れは、児童生徒がMEXCBTと連動している「学習eポータル」へログインし、そこから登録されたテスト問題を利用するというものです。これらの問題はCBTによって回答が自動採点され、教師と生徒それぞれに記録として残ります。教師はMEXCBTに搭載されているテスト問題から生徒への課題を選択し、結果が出たらそれを確認します。生徒はテスト問題をこなし、自動採点された回答を確認し振り返りを行います。

 デジタルを活用する上でメリットの一つであるテスト問題やデータの蓄積も、統一されたデータでなければ利活用がスムーズに進みません。そこで国際標準規格等の汎用的な仕組みを導入することで生徒や教師がテスト問題を解き、国や自治体は回答のデータをもとに新たなテスト問題を作成するという相互に利活用可能な仕組みとしてMEXCBTの開発は進んでいます。このような仕組みを用意することでMEXCBTを利用したテストの回答は全国で蓄積され、ビッグデータ解析につながります。
 これまでのオンライン学習システムではシステムによって蓄積されるデータが異なるため、ビッグデータ解析のための多くのデータを蓄積することは困難でした。MEXCBTの利用が進むことで教育ビッグデータの解析は大きく進むことになるでしょう。

 また、MEXCBTは連動する学習eポータルを通して様々なコンテンツと連動するとされています。現在の学習システムが連動可能となれば、今のシステムはそのままにMEXCBTを活用することができます。
 現在、令和3年度に希望する全国の学校で活用できるようにする予定で進められているMEXCBT。無償で使用することができるため、リリースされた際には是非活用をしてみてください。

教育ICTキーワード 資料請求

本メール送信にあたっては、当社の個人情報の取扱規程について同意したものとみなします。

関連記事

  1. Surface Laptop SEで変化する学習用タブレット端末の選択…

  2. 「EdTech」(エドテック)とは

  3. 教育ビッグデータとは

  4. CYODとは

  5. CBTとは

  6. セルラーモデルとは

PAGE TOP

セミナー情報

2022年5月開催セミナーのお知らせ

ICT導入事例校レポート

工学院大学附属中学校・高等学校

教育ICTキーワード

メタバースとは

ICT導入事例校レポート

学校法人四天王寺学園

教育ICTキーワード

Surface Laptop SEで変化する学習用タブレット端末の選択肢