教育ICTキーワード

コラボレーションツールとは

 コラボレーションツールとは、Microsoftが提供するMicrosoft Teams、Googleが提供するGoogle Workspace(旧G-suite)といったツール群のことをいいます。これらは組織や学校で共同作業を可能とするツール群の総称であり、単独のツールではなく、複数のツールの集合体を指します。中でもMicrosoft Teams、Google Workspaceはそれぞれfor Educationという教育向けの展開も行っており、学校内のあらゆる場面で活躍するツールとなります。

 双方のツールで共通しているのは、Word、Excel、PowerPoint(Googleではドキュメント、スプレッドシート、スライド)といったような一般的な文書作成アプリや、オンライン通話用のアプリと連携できる点です。そのほか、細かな差異はあるものの、基本的にできることに大きな違いはありません。それぞれMicrosoft、Googleが開発しているもののため、基本的にはTeamsはWindowsPC、WorkspaceはChromebookとの相性が最良ではありますが、利用するOSを問わず活用することが可能です。

 授業などでの主な利用方法は、通話機能(Teams:会議機能、Workspace:Google meet)でオンラインHRや授業、文書作成アプリを使っての課題提出、アンケートフォーム機能を活用しての小テストなどが挙げられます。その他、プリントなどの資料もオンライン上で配布ができるため、渡し忘れの防止やペーパーレス化にもつながります。文章作成アプリなどは共同で編集作業もできるため、協働学習にも利用可能です。

 生徒の利活用ほか、教員同士の校務でも活用可能です。職員会議をでオンライン通話アプリを利用したり、資料の共有をオンライン上で行ったりすることができます。データはクラウド上に保存できるため、必要な時に必要な書類を共有することができます。他にも生徒向けに出した課題なども成績管理機能で一括管理することができ、慣れれば業務の効率化を図ることができるでしょう。

 

こちらもご覧ください
教育ICT活用セミナー 校務支援DX

関連記事

  1. 教育ビッグデータとは

  2. STEAM教育とは

  3. 「EdTech」(エドテック)とは

  4. CYODとは

  5. セルラーモデルとは

PAGE TOP

セミナー情報

無料ミニセミナーのお知らせ

ICT NEWS

Corenet EdTech通信 2021.8月号を発行しました

企業取材レポート

成績向上にAIをどう使うか 『Monoxer(モノグサ)』

企業取材レポート

私学におけるSTEAM教育

ICT NEWS

Corenet EdTech通信 2021.7月号を発行しました