学校評価支援

school_evaluation
本当に意義のある学校評価
2002年の自己評価の実施と公表の努力規定が設けられて以来、形式上は学校評価の導入はかなり進みました。しかし、本来の目的である学校関係者の意見を取り入れて学校経営を維持・改善するために十分に活用されているでしょうか。おざなりに保護者アンケートだけを実施しても意味がありません。

カリキュラムマネジメントのための学校評価
学校評価を行うためには、まず経営目標が必要です。その目標を達成するために計画があり、実行を計画に照らして振り返り・チェックし、次の目標に向けて改善します。つまり、学校全体としてのカリキュラム・マネジメントを実効化するためにも学校評価が重要です。そして、振り返り・チェックのためにはアンケートなどで学校関係者の意見収集を行うことが大切です。学校関係者の意見(アンケートやヒアリング)をもとに自己評価しなければなりません。コアネットでは、目標設定から計画策定、実施支援、集計・分析、改善施策の策定からフィードバック資料の作成まで、学校評価および学校経営におけるPDCAサイクル作り(カリキュラム・マネジメント)を全面的にサポートしています。

自己評価方法の例
■児童・生徒アンケート
■保護者アンケート
■地域住民アンケート・インタビュー
■卒業生アンケート
■教員アンケート 等


こちらのページを見た方は下記の内容もチェックしています
経営ビジョン・経営戦略策定支援
学校開設支援
共学化支援・コース新設支援
在校生・保護者・教員アンケート
授業観察・授業評価アンケート