社会に開かれた教育課程の事例

3分でわかる!今話題の教育キーワード特集

社会に開かれた教育課程

コアネット教育総合研究所 副所長 川畑浩之

 新学習指導要領では新たに前文が設けられ、新学習指導要領を定めるにあたっての考え方が示されています。そこに理念として「社会に開かれた教育課程」が紹介されています。

 「社会に開かれた教育課程」とは、よりよい教育課程を通じてよりよい社会をつくるという目標を学校と社会とが共有し、それぞれの学校において、必要な教育内容を明確にしながら、社会との連携・協働によってそのような学校教育の実現を図ることを目指すものをいいます。(前文から引用)
変化の激しい社会において、必要とされる資質・能力を育成するために、学校教育の「あり方」のひとつが示されています。

 以上を踏まえて、(一般的に地域と連携を取りにくいとされる)私学が成果を出せる「社会に開かれた教育課程」を実践するためには、どのようにすればよいでしょうか。

 今回は、「社会に開かれた教育課程」を実践することのメリットから、解説しましょう。私が考えるメリットは次の点です。

1. 学校外の教育資源を活用できる
2. 学ぶテーマを「実際の社会」に求められる
3. 私学としての「存在意義」を確認できる

1. 学校外の教育資源を活用することのメリット

 変化の激しい社会に出ていく児童・生徒が、獲得してほしい資質・能力は、多岐にわたります。児童・生徒は様々な経験を通して、その資質・能力を獲得していきます。学校生活、授業、学校行事などにおいて、良質の教育実践を提供するためには、学校内だけではなく、外部資源を活用することを前提にした教育計画が必要です。
 もちろん、現在でも外部資源を活用した多様な放課後の学習支援などは、多くの学校で採用されています。今回は、学校や教師の「代替」という意味よりも、もっと積極的な活用をイメージしています。外部資源を活用しなければ実現できない「成果」を求めるということです。
これまでは、学校や教師の現状から「できそうな取り組み」から教育計画を作成していたかもしれません。今後は、目標となる「資質・能力」を設定した上で、教育計画やカリキュラムを作成するというプロセスを経ることをご提案します。外部資源を取り込むことを想定しながら計画することで、目標を下げることなく、“実現のためにどうしたらよいか”という発想がもてるはずです。このような発想をもつことで、質の高い教育活動を実践できるのではないでしょうか。


2. 学ぶテーマを「実際の社会」に求めるメリット

実際の社会に生活している児童・生徒は、身の回りの出来事が「学ぶ教材」「学ぶテーマ」となれば、関心・意欲を高めることができるはずです。学ぶ手法としては、「アクティブ・ラーニング」の考え方が浸透しており、児童・生徒の思考や理解を深めるためには効果的であるとされています。
社会で話題になっている事象や身の回りの出来事をテーマにすることは、児童・生徒にとって、参加しやすい学習テーマとなるでしょう。代表的な事例としては、SDGsを挙げることができます。
https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/31737/ (国際連合広報センター)

 SDGsのテーマそのものが、社会生活の様々な課題であり、多くの企業や団体が活動をしていることもあります。そのため、児童・生徒の「関心」と教育実践を支援してくれる資源となります。

3. 私学としての「存在意義」を確認できるメリット

 これまでのメリットは、公立・私立学校を問わないものでした。最後に、私学ならではのメリットついて、具体的な事例を紹介します。東京都調布市にある中高一貫女子校の晃華学園の事例です。

■晃華学園の実践を通しての「考察」

 晃華学園中学校高等学校(東京都調布市)
 取材先:宇野幸弘先生・佐藤駿介先生

 晃華学園中学校高等学校(以下:晃華学園)では、生徒たちが学校のある調布市の調布市役所と協働して「空き家の利活用方法」について提言をまとめています。これは調布市役所のホームページにも紹介されるような教育プログラムとなっており、私学と地域の連携・協働の在り方として、参考になるものです。
 晃華学園が、このような取り組みを実現できる背景には、いくつかの経緯がありました。まずはSDGsをテーマとした教育活動に取り組む過程で、自校の「らしさ」に気づき、地域社会との協働の経験を積んでいったことにあります。
 晃華学園は、「汚れなきマリア修道会」(1816年フランスにて設立)を設立母体とするミッションスクールです。宇野先生と佐藤先生への取材をもとにしながら整理します。

■「学校らしさ」を発展的に

 晃華学園は創立50周年のタイミングで、学園の未来に向けての教育プログラムを精査し、2012年にユネスコスクールに加盟しました。外部の講演者からお話を伺うことで国際的な視野が広がり、2015年には全日本高校模擬国連大会にも出場するようになります。特に2016年に出場した高校1年生が、基調講演に影響を受け、SDGs活動を熱意をもって始めるようになり、次第に多くの生徒にも広がってゆきました。
 教育理念の実践目標の一つである「Noblesse Oblige」(※ “能力は自分に与えられたのではなく世の人々のために使うよう与えられたもの。努力して能力を人々のために” )を基に教育展開をしている晃華学園にとって、SDGsの教育活動は親和性がありました。
 佐藤先生は社会科の授業で、新聞記事を取り扱う授業を行い、生徒がどのような記事に関心を持ったのかという学びを実践しています。ユニークな点は、授業だけで終わることなく、生徒の関心のあるテーマと学校外の教育プログラムやイベントを生徒に紹介するなど、生徒の学びに広がりを持たせていることです。
 このように発展的な学びを実践できているのは、学園の教育理念と教育活動が合致しており、生徒の自主的な学びを止めずに継続的な学びへ繋げているからではないでしょうか。

■地域社会との協働の経験

 晃華学園では、SDGsの17つのテーマについて、多様な教育・学習活動を展開しています。中でも注目するべき活動があります。学校の所在地である調布市でSDGsに取り組んでいる企業や団体と、生徒が共に学ぶ機会を設けています。この教育実践のために、地域社会の象徴的な存在である市役所との連携や協働を深めています。
 地域連携を行いにくい私学が、SDGs課題解決を通じて、グローバルな視点とローカルな視点を学ぶ機会を設けていることは、注目に値します。

※市役所との協働プロジェクトは、調布市役所のホームページに掲載されていますのでご覧ください。
このように、教育活動をPRすることは、新しい連携や協働を行う機会を作り出すことの「契機」になることでしょう。また、PRしていくことにより、地域・社会の人びとが晃華学園の取り組みに共感をして、学校のファンになってくれることでしょう。

 私学が「社会に開かれた教育課程」を実践することは、「学習者である児童・生徒」「学校」「地域・社会」にそれぞれにメリットがあると思います。以下、主なメリットを整理しています。ぜひ貴校においても参考にしてください。

□ 変化の激しい社会で必要とされる資質・能力を育成できる
□ 児童・生徒の関心・意欲が高まるような教材が学習テーマとなる
□ 私学としての「教育理念」の確認ができる
□ 学校のファンを増やし、学校の「存在意義」が高まる
□ 地域・社会の活性化につながる

(2021年7月)

●カリキュラム・マネジメント構築支援はこちらはこちら