進路面談研修

careea_meeting
生徒の目線を上げ、前向きなモチベーションを引き出す
年に数回実施される二者・三者面談や、生徒への日々の声かけにおいて、生徒の意欲を高めるかかわり方ができていますか?進路進学指導においては、生徒自身の将来への希望や進路に対する高いモチベーションが欠かせません。「進路面談研修」では、生徒の目線を上げ、高い目標に向けて進んでいくための声かけや面談の仕方について学んでいただくことができます。

 

教員の考えを押し付けない面談手法を体得する
生徒自身の思考を深めるための対話手法とはいかなるものでしょうか。研修では対話のポイントとして生徒の話を聞く姿勢や、教員の主張を押し付けないといった点を意識していただきます。また、具体的な面談のシーンを意識したロールプレイを用意しています。進路目標設定にむけた面談や進路・志望校決定にむけた面談など実際の面談状況を想定して、実践的なトレーニングを積むことで、生徒対応力の向上を目指していただきます。昨今の教育を取り巻く状況においては、生徒の主体性をどのようにして高めるか、ということが課題になっていると感じています。ただ、中高生のみならず、大人でさえも、他者からの働きかけもなく、自分自身の力だけで「主体性」を発揮していくのは難しいのではないでしょうか。そこで、必要になるのは、自分自身の力で走り出すための「助走」をよりスムーズに行うための伴走者です。そして、中高生にとっての伴奏者は先生方です。この研修を通して、生徒の主体性を引き出し、モチベーションを高めるためのコミュニケーションスキルを身につけましょう。

 

事後フォローでスキルを定着
面談シートを活用した振り返り研修で、事後フォローも行っていきますので、研修をやって終わりといった状況を防ぐことができます。

具体的な流れ
①管理職の先生方へのヒアリング(ニーズの把握)
②進路面談研修プログラム設計
③進路面談研修実施(校内実施、3時間程度)
④後日、実践後のフォロー研修やヒアリングなど

是非、生徒のモチベーションアップを図り、進学実績向上にも繋げていきましょう。
お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

こちらのページを見た方は下記の内容もチェックしています
ICT導入による授業のAL化
留学・海外体験プログラム構築支援
キャリア教育プログラム構築支援
授業力向上研修
シラバス作成支援
ルーブリック作成支援
進路進学指導力診断
模試データ分析
進路進学意識調査
進路指導体制構築支援