ICT導入は待ったなし!~学校教育ICT化の現状~あなたの学校は、もう対策できていますか?

なぜ今教育ICTなのか?

情報を「処理する力」ではなく、「編集する力」が求められる時代。大学入試改革、中高授業改革など、公教育も変わり始めました。
弊社調査によると、全国の私立中高の41%が生徒用のタブレットを既に導入し、35%が導入を検討しています。「選ばれる私学」であり続けるため、ICTを活用した教育の推進は喫緊の課題となっているのです。

問:貴校では、生徒が使用するタブレット端末について、現在どのくらい導入していますか。(一つを選択)

弊社アンケート調査より抜粋 2016年5月26日~6月22日実施分
(全国私立中高1344校にアンケート調査、有効回答数147校(回答率11%))

一層注目されるWindowsタブレットのメリット

現場でiPadに次いで多く導入されているのがWindowsタブレットです。
「今ある周辺機器や、これまで作った資料も活かしたい」「拡張性の高いものを使いたい」「資料作りに適したものを使いたい」こうした声に応え、我々はWindowsタブレットをソリューションとして積極的にご提案しています。

問:現在生徒が使用している端末のOSや機種を教えてください。また、未導入の場合は、どのOS・機種を導入したいとお考えですか。(複数可)

上記同調査より抜粋

Windowsタブレットが
選ばれる理由

次は・・・コアネットの
教育ICT総合ソリューション

お問い合わせ

教育と学校経営専門のシンクタンク&コンサルティング企業 コアネット教育総合研究所
〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-26-10
TEL:045-914-3005 FAX:045-914-3015

お問い合わせはこちら